Capsule Endoscopy(カプセル内視鏡)

カプセル内視鏡検査は、消化器官のうち小腸の検査に使用される手法です。患者様に小型カメラを内蔵した小さなカプセルを飲み込んでいただくと、カプセルが小型シャトル船のように消化器官を移動します。カプセルにはカメラとともにフラッシュライトも搭載されており、患者様の腹部に取り付けられた受信機へ撮影した写真を無線送信します。


กล้องแคปซูล

検査には約 8時間かかりますが、その間も普段どおりの生活を送っていただくことができます。長い小腸は胃カメラでは届かないため、小腸内の疾患の検知が可能であるカプセル内視鏡が使用されています。カプセル内視鏡検査は正確な診断が可能であり、患者様に痛みもなく、飲み込んだカプセルは自然に排泄されます。原因不明の貧血、慢性下痢、胃痛、小腸内の腫瘍の疑いがある方等に検査をお勧めします。

 

所在地

Digestive Disease (G-I) Center 消化器科)
バムルンラード・インターナショナル、ホスピタルビル北棟 (ノース・ウィング) 2 階。
メインロビーのエスカレータで 2 階へ上がり、左折してください。


お問い合わせ

電話: +66 (0) 2667 1555
ファックス: 66 (0) 2667-2915