胃食道逆流症(GERD)

胃食道逆流症( GERD) は胃酸が食道へ逆流する疾患で、胸やけだけでなく、日常生活にも支障をきたす程の酸逆流を引き起こします。子供と大人の両方に発症する可能性があります。

 

 

 
  • 下部食道括約筋の異常: 食道と胃の間のバルブの役割を果たす下部食道括約筋の機能が低下して開いた状態が長く続くと、胃酸が食道へ逆流してきます。飲酒や喫煙の他、一部の喘息の薬を服用した場合も、このような症状が起こります。
  • 食道の異常: 食道の機能が低下すると、食べた物が胃へ送られるまで時間がかかったり、胃の内容物が食道へ逆流したりするため、食道が胃酸にさらされる時間がながくなります。
  • 胃の異常: 胃の消化機能が低下した場合も、食道への逆流が起こります。脂っこい食事やチョコレートは胃の運動を低下させます。
  • 糖尿病 原因は明らかになっていませんが、2008年に発表された研究で、糖尿病患者の約40%に胃食道逆流症(GERD)の症状があり、特に神経障害等の合併症が見られると報告されています。

 

 
  • 食事の後、腰を曲げたとき、重い物を持ち上げたとき、横になったときの胸部の灼熱感(胸やけ)
  • げっぷをしたときの口の中の苦味や酸味(炎症、出血、嚥下障害等、食道に生じる合併症)
  • 食後の腹部膨満感、満腹感、吐き気、嘔吐
  • 胸痛、喉のしこり、過度な咳払い
  • 喘息、空咳、声のかすれ(嗄声)、喉の痛み(喉や咽頭への胃酸の逆流による咽頭の炎症が原因)
  • 幼児の場合は、牛乳を飲んだ後の嘔吐、貧血、体重幻想、発育障害、慢性的な咳、夜間の喘息、再発性肺炎等の症状が見られ、睡眠中の一次呼吸停止を伴うこともあります。

 

 

上記のような症状のある場合、胃食道逆流症(GERD)が疑われる ため治療が必要となります。治療開始後も症状が改善しない場合は、以下のような検査で症状を詳しく調べます:

 

 
生活習慣の改善

患者様の多くは深刻な症状ではなく、以下のように生活習慣を改善するだけで症状が和らぎます:

  • 健康体重を維持する
  • 紅茶、コーヒー、炭酸飲料、フルーツジュース、酸っぱい食べ物、辛い食べ物、脂っこい食べ物、チョコレートの摂取を控える
  • 飲酒や喫煙を控える
  • 晩ご飯の量を少なめにして、食後はすぐに横にならず、食後4時間以上あけてから就寝するようにする
  • 体を締め付ける服装やベルトの使用を避ける
  • 1回の食事量を少なくして、こまめに食べるようにする
  • 高さ6インチ以上のかための枕を使用する
  • 定期的に運動をする
  • ストレスのない生活を心がける

 

 
  • 薬の服用によって患部を治療し、酸の生成を抑えます
  • 以下のような場合には、外科手術が用いられることもあります:
    • 薬の服用後も症状が改善しない場合
    • 長期間にわたり薬を服用できない場合や、薬の副作用があった場合
IMG
IMG
IMG
 
Rating score: 7.67 of 10, based on 6 vote(s)