食道がん

  • フォント・サイズ
  • A 
  • A 
  • A

食道がん は食道の内側で異常細胞が蓄積して腫瘍を形成することによって発症します。がん細胞が食道の壁まで増殖すると、リンパ節、大動脈(大血管)、また肺、肝臓、胃等の他の器官にも転移する可能性があります。

 

食道がんの種類

  • 扁平上皮がん は食道の内側の表層部で形成される異常細胞の増殖で、食道の入り口から真ん中あたりにかけてできることがほとんどです。
  • 腺がんは食道の内側の壁にできるがんです。

 

食道がんの危険因子

今のところ食道がんの原因 は正確には明らかになっていませんが、以下のような要因が食道がんのリスクを高めると言われています:

  • 年齢:45歳から70歳までの方は食道がんのリスクが高くなります。
  • 性別:男性における食道がんの発症率は女性の3倍以上です。
  • 喫煙:喫煙期間や本数に応じて食道がんのリスクが高まります。
  • 飲酒:飲酒は食道がん、特に扁平上皮がんのリスクを高めます。
  • 食道細胞の前がん病変(バレット食道):腺がんに至る可能性があります。
  • ミネラル不足:果物や野菜を摂らない方はミネラル不足になる可能性があります。
  • 肥満

 

食道がんの症状

食道がんは初期の段階では自覚症状がありませんが、進行すると以下のような症状が現れます:

  • 肉類、パン、野菜等の固形物の嚥下困難(進行するとがんが食物の通り道をふさぐほど大きくなり、水を飲み込むだけでも痛みを感じるようになります)
  • 胸部の不快感、胸やけ
  • 腹部膨満感、消化不良
  • 吐き気
  • 飲み込む際の喉のつまり
  • 原因不明の体重減少
  • 喉や胸骨の後ろの痛み

 
食道がんの診断

  • 医師による問診および身体検査
  • バリウム検査:飲み込んだバリウムが一時的に食道、胃、小腸を覆い、X線画像で写し出すことによって腫瘍や異常を発見します。
  • 上部消化器官内視鏡検査 :精密検査のため生検と呼ばれる組織のサンプルを採取することができます。
  • 超音波内視鏡検査 :がんがどの程度増殖しているか、また周辺の器官に転移していないかどうかを調べます。
  • 生体検査:通常は消化管内視鏡検査と並行して行います。
  • CT検査 :器官の3次元画像を映しだすことで、通常のX線検査よりも正確にがんの場所や大きさを確認することができます。

 
食道がんの治療

食道がんの治療 には、外科医、放射線技師、がん専門医等、患者様ひとりひとりの状態に応じて最適な治療法を決定する専門チームが必要です。治療方針を決定する際には、以下のような点が考慮されます:

  • がん細胞の大きさ、場所、その他特徴
  • がんのステージ、転移の程度
  • 患者さんの健康状態

 

食道がんの治療法

Rating score: 10.00 of 10, based on 4 vote(s)