乳腺科

乳腺科 では乳房関連疾患を専門的に取り扱っています。乳癌だけでなく、良性腫瘍、乳房痛、線維嚢胞性疾患や、他の関連疾患の管理や治療を行っています。


診断方法

最新の技術を用いて検査と診断が行われます :ブレストケア・センターでは触知可能な異常(手で触って感じることのできる異常)を検診すると共に、精巧な画像技術を用いることによって目に見えない、あるいは触知できない異常を発見することができます。

ブレストケア・センターでは以下のような様々な手法を用いてあらゆる乳房関連疾患の検査をします:

  • 診察(触診)
  • デジタルマンモグラフィ及び超音波検査
  • MRI検査
  • 穿刺吸引細胞診
  • 定位生検


デジタルマンモグラフィ

デジタルマンモグラフィ はより高度な技術を用いたマンモグラフィです。従来のX線方式のマンモグラフィに比べ、より速く快適に、かつ精度の高い検査をすることができます。この検査方法はマンモグラフィガイド下定位生検を受ける方に特に有効です。


治療

ブレストケア・センターでは手術、放射線療法、化学療法を含めたあらゆる治療方法を受けることができます。ホライズン・センターの専門医とも緊密な連携をとりながら、それぞれの患者に合った治療計画方針を立てていきます。


乳房温存療法

乳房関連疾患 はとても繊細な問題です。私たちは、一人ひとりの女性が本来の見た目を保つお手伝いをすることを目指しています。センターでは、初期のがんの女性に乳房温存療法を提供しており、温存療法に適した状態の方には手術ではなく放射線療法に重点を置いた治療を行います。

 

Rating score: 8.67 of 10, based on 6 vote(s)
Contact
Phone:
Fax:
Service Hours
月曜から金曜日:8:00 am – 8:00 pm 土曜日・日曜日:8:00 am – 7:00 pm
Location
Surgical Clinis(外科): バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル16階