Electrophysiology Study(電気生理学的(EP)検査)


電気生理学的( EP)検査とは?

電気生理学的( EP)検査 とは、心臓の電気活動と伝達回路の診断を行う最小侵襲検査です。


検査方法

静脈から流体と薬物を投与し、胸部にシール状の電極を当てて心電図を検査します。静脈から投与した薬物により眠気を感じますが、完全に眠る状態にはなりません。静脈へカテーテル(細く柔らかいチューブ)を挿入する際、脚の付け根に局所麻酔を施します。心臓までカテーテルを通して、電気活動を感知し、心臓の刺激伝導系の状態を検査します。


検査目的

心拍の異常(不整脈)の原因特定と治療方法の決定に用いられます。心拍障害の症状のある方や心臓突然死のリスクのある方は、EP検査をお勧めします。


リスクと合併症

非常に稀ですが、穿刺部の出血、心筋の穿孔、心拍異常、心臓刺激伝導系障害等の合併症のリスクがあります。


代替方法

24時間心電図記録検査(携帯型)


対象となる患者様

以下のような患者様が検査対象となります:

  • 原因不明の繰り返す動悸発作や失神の経験のある方
  • 上室性頻拍症または心室性頻拍症と診断された方
  • ペースメーカーの装着が必要となる心臓刺激伝導系の異常があると診断された方
  • 突然死から生還された方

 

所在地

Arrhythmia Center (不整脈治療専門センター)

バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル14階

お問い合わせ

電話:+66 (0) 2667 2847, +66 (0) 2667 2848
ファックス: 66 (0) 2667-2849