Childhood Allergy Treatment(小児期アレルギー治療)

アレルギー疾患 は小児に最もよく見られる疾患のひとつで、発症原因は食品から環境まで様々です。アレルゲン(アレルギーの原因)となる食品としては牛乳、卵、ピーナッツ、シーフード、環境要因としてはタイでは特にイエダニ、ゴキブリ、ペットがよくあるケースとして挙げられます。アレルギー症状は、皮膚、呼吸器、消化器等に見られます。


小児アレルギーの兆候・症状

  • 皮膚
    • かゆみを伴う発疹、肌・頸部・四肢の屈筋部分(肘や膝など)の乾燥
    • 持続的または断続的な発疹
  • 呼吸器
    • 鼻水、くしゃみ、鼻づまり、鼻のかゆみ
    • 1日中または1日のうちの特定の時間の発症
    • 慢性呼吸器疾患、副鼻腔炎として症状が現れることもあります
    • 運動や天候などの環境の変化や特定のアレルゲンへの接触により起こる咳や息切れなどの症状
  • 消化器
    • 唇の腫れ、口の周りの赤い発疹
    • 吐き気、嘔吐
    • 腹部膨張、水様便、粘血便


小児期アレルギーの診断・治療

バムルンラードでは専門家チームが総合的な検査・診断を行い、以下のような小児期アレルギー性疾患の治療を行っています:

  • アレルギー性鼻炎
  • ぜんそく
  • 副鼻腔炎
  • じんましん
  • アトピー性皮膚炎
  • 血管性浮腫
  • アナフィラキシー(急性アレルギー反応)


アレルギー検査

バムルンラードでは、以下のような幅広いアレルギーテストをご受診いただけます。

  • 皮膚検査: 最も一般的なアレルギー検査のひとつで、症状の原因となるアレルゲンを特定します。通常は20分以内に検査結果が判明します。
  • 血液検査: 一部の患者様については、皮膚検査の代わりに血液検査を使用する場合もあります。
  • 食物経口負荷試験・パッチテスト: 一部の患者様については、こうした試験のご受診も可能です。
  • 肺機能試験: ぜんそく等、呼吸器疾患が疑われる場合は、肺機能試験を実施します。


所在地

Children’s (Pediatrics) Center (小児科)

バムルンラード・インターナショナル、クリニックビル17階

 

お問い合わせ

電話:+66 (0) 2667 9414, +66 (0) 2667 9415, +66 (0) 2667 9416, +66 (0) 2667 9419
ファックス:0 2667 9417
 

 

  • Childhood Allergy Treatment(小児期アレルギー治療)